(第7回)今さら聞けない事業承継・小規模M&A入門セミナーを開催致しました!

(第7回)今さら聞けない事業承継・小規模M&A入門セミナーを開催致しました!

- ビジネスマーケット 表

2019年5月29日に弊社主催で「今さら聞けない 事業承継・小規模M&A入門セミナー」と題して、事業承継マーケットに関わる方々向けのセミナーを開催致しました。今後もこういったセミナーなどを通じて、皆様に情報発信をして参りたいと考えています。

セミナー参加者の熱量

 今回は参加頂いた方の多くが、金融機関の方々といった専門家側の立場である方々が多かったこともあり、冒頭の事業承継マーケットの概況や事業承継税制の改正のおさらいといったパートよりも、具体的に事業承継に悩む事業オーナーにどのようにアプローチをしていくのか。もしくは、事業承継や小規模M&Aを活性化するために専門家の立場からどのようにアプローチをしていくべきなのかということに対する支援策やサービスのご紹介に対してコメントや質問を多く頂き、マーケットの中にいる方々にとっては、より具体的に支援を届けるためのアプローチの方法が、皆様にとっての関心事に移ってきていることを改めて感じる機会となり、それぞれのコメントや質問なども非常に現場での事業オーナーの声を反映した熱量の高いものを頂き、支援業者としてよりご支援が行き届くように頑張らなければとの思いを新たにする機会となりました。

立場の違う方々向けに発信を

 アプローチの具体的施策だけでなく、参加者から頂いたコメントとして、それぞれの立場毎のセミナーや情報交換の場も設けてほしいというお声も頂きました。次回以降は、M&Aによって事業拡大を考えている法人や、個人で事業承継や小規模M&Aを検討されている方々向けのセミナーなども開催を検討したいと考えております。その中では今さら聞けないというよりも、少人数限定のセミナーであるからこそ話せる具体的事例や、失敗や成功それぞれの要因となったポイントなども解説できるようなものにしたいなと考えております。

理想と現実の狭間で

 専門家である方々の認識の深化と、具体的アプローチへの支援策を求める声など、1年前のセミナーでの反応から一歩も二歩も深化したコメントを頂戴することができ、個人的には感慨深いイベントとなりました。一方で皆様自身が求める理想像と現実のギャップとして、現実的に事業承継の検討をはじめなければならないタイミングに差し掛かっているオーナーであっても、実際に検討を促すことの難しさ。さらには専門家としても全てのお客様へ支援策を届けたい届けるべきという想いがある一方で、事業者としての目標を達成すための選択肢の狭さといったギャップをどう乗り越えていくのかもしくは、乗り越えるために我々が提供できることは何なのかを改めて考えさせられました。我々が運営しているのは、オンラインのプラットフォームではありますが、利用される事業オーナーや専門家の方々の想いと現場の熱量を常に忘れることなく、その想いに寄り添えるようなサービスにしていきたいと考えております。